TOP > ブログ一覧 > 大熊猫 印 「 パ ン ダ ツ ア ー 」  やまなし版 > 青い目の人形

大熊猫 印 「 パ ン ダ ツ ア ー 」  やまなし版

趣味と実益を兼ねた わたくし的やまなし観光ポイントの紹介

プロフィール

今になって何にでも興味わくわくの おじさんパンダ。主食 酒。 特技 昼寝。 性格 弱そうですが強暴。韮崎生まれで甲斐市に生息。

青い目の人形

2008.11.04 19:03  投稿者:パンダ 1号

 しばしばマスコミにも取り上げられる「青い目の人形」という言葉。
 山梨にも贈られていたんですね。
 増穂町の郷土館の二階に展示されていました。
  前のブログにも書きましたが、ここでもう一度取り上げます。

 昭和2年 日本とアメリカの関係が悪くなっていくことを懸念したアメリカ人の牧師さんが、全米の小学生に呼びかけて日本の小学校へ青い目の人形を贈りました。
 山梨県にも何体かが贈られ、増穂町にも2体の人形がやってきたそうです。
 でも戦争が始まると敵国のものだということで、その多くは壊されてしまったそうです。
 そんな中で、増穂南小学校に贈られた「ヘルン・モナー」ちゃんは、近所の婦人が壊されてはかわいそうと大切に保管し、洋服を作って着せるなど守ってくれたのです。

 この子の名前はアメリカの子供たちが付けたそうです。
 きっと純粋な気持ちで、かわいがってもらえるだろうと思いながらつけた
名前です。
 よくぞ今日まで残ってくれたと、涙の出る思いで拝見いたしました。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top