TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > january 16 2010

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 20101 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

青洲堤

2010.01.16 12:33  投稿者:ootaminoru

史跡、青洲堤(市川三郷町)

芦川が笛吹川に合流する堤を青洲堤と言います。
その堤に市川代官所の押し切り処刑場がありますが今回は堤そのものをご案内します。

中巨摩郡は明治時代に入っても何度も洪水に見舞われました。
大きなものだけでも明治31年、明治40年、明治43年特に明治40年の水害は山梨県下全域を覆う有史以来と表現される程の大洪水となりました。田畑や橋、家屋家畜が流され多くの人命が失われました。
ここ芦川と笛吹川の合流地点も姿を変えてしまうほどの被害を受けました。
その水害があってここの堤を徹底的に改修されたらしい。
その時期の前だと思いますが渡邊青洲が私財を投げ打ってこの合流点の改修を行なった故事を記念して青洲堤と言います。

市川の市街地は芦川の旧河川敷であり芦川の堤防決壊は市川の街の壊滅的な流出に繋がりかねない場所です。
併せて河の合流点は水位が上がり笛吹川の土手の決壊にも繋がりかねません。

写真1 青洲の堤から芦川の上流方面を望みます。
   河原には流速を減ずるブロックが敷き詰められています。
   ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top