TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > january 25 2010

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 20101 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

山梨の歴史文化公園

2010.01.25 12:56  投稿者:ootaminoru

甲府市教育委員会がやまなし歴史文化公園の甲府地域として北山野道を指定しています。
北山野道は四つの地域に分けて中世の郷の名前をとって東から表門(うわと)の里、板垣の里、小松の里、志麻の里として歴史散歩道を設定しています。

東の端から1番目 武田逍遥軒信綱の位牌のある逍遥院から西の端の志麻の里(湯村)の52番加牟那塚(かんなづか)古墳をメニューに入れています。
今回は表門(うわと)の里を廻って来ました。


甲府市の東に隣接する笛吹市は古代の律令国家時代から山梨県で最も栄えた地域だった。叉武田信虎以前の中世は笛吹市、山梨市、甲州市が栄えた地域でこれ等を併せて歴史文化公園の広域として活用すれば有意義な巡礼の旅が出来上がります。

既に歴史散歩道として隣の笛吹市は笛吹市のコースを指定していまして甲府市の北山野道と合体させてレンタルサイクを移動媒体を使うならば新しい観光モデルが出来上がります。心配なのはバッテリーの容量です。
現在の甲府駅北口のレンタルサイクだけでは到底無理があります。
なるべく早い機会に石和、山梨...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top