TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > レンタルサイクル(電動自転車)

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

レンタルサイクル(電動自転車)

2010.01.17 08:25  投稿者:00taminoru

やまなしの歴史文化公園、北山野道を尋ねて

電動自転車に乗って北山野道を巡り観光しようとするテストです。
電動自転車は甲府駅の北口を出てYBS会館叉は甲府城大手門に隣接する夢小路の建物で貸してくれます。

やまなし歴史文化公園、北山野道は甲府市と甲府市教育委員会が設置した歴史をテーマにした徒歩で廻る散歩道(遊歩道)です。
東は春日居、石和に隣接する和戸町(表門の里)から甲府善光寺を中心とした板垣の里、そして甲府駅を中心とした相川扇状地、藤川扇状地の小松の里、更に西は湯村温泉の志摩里に至る広範囲な山辺を歩くものですが一度に全部は無理で四つのブロックに分かれていますので一つずつ廻れば楽しいです。
しかし、歴史施設をゆっくり観光するには一日で一ブロックを廻る事も難しいです。何回かに分割してゆっくり廻って楽しむほうが好ましく思います。

今回は徒歩ではなくレンタルサイクルの電動自転車で廻ることをテストしてみました。
私は始めて電動自転車に乗りましたが大変機動力があってこんなに楽に楽しく観光が出来るなんて思いもよりませんでした。

今回は3時間半の午後からの持ちタイムで小松の里(別称、武田の里)と板垣の里の両方に挑戦しました。大変欲張りなコース設定で更に県立愛宕山のこどもの国(少年科学館)に電動自転車に乗って登れるのか否かをテストしました。結果は快適に登れました。
この事は北山野道が設定した徒歩の巡回コースをはみ出したより大きな範囲の歴史文化公園を描く事が可能だと判りました。

より多くの人に、県外の人、特に山梨県内の人に楽しんでいただけるモデルコースな訳です。
勿論、電動自転車に乗って自分の最寄の場所へ探索されることは大いに結構なことで、枠をはめるつもりはありません。
既に御岳昇仙峡まで行かれた方も居られるようです。県立美術館文学館、湯村温泉も人気コースだそうです。
レンタルサイクル甲府事業所では所要時間別のモデルコースを既に幾つか設定した地図を用意していますし、甲府市役所企画部、甲府市観光案内所、甲府市観光協会作成の観光案内(地図付き)パンフレットを各種類用意しています。
貸し出し業務だけではなく電動自転車を使った新しい観光コース開発に取り組まれています。甲府市南部(小瀬スポーツ公園、考古学博物館など等)にも現在テスト走行して調査中だそうです。


新しい観光戦略としてレンタルサイクが登場しました。
今までに無かった電動自転車を使った観光案内のハブとしてレンタルサイク甲府事務所が機能し始めました。
甲府市丸の内一丁目556番地1甲州夢小路建設予定地内
電話 055-254-6300 です。



今回周回した場所を観光施設で記録しておきます。
甲府駅南口 信玄公銅像
甲府駅改札口の雑踏
甲府駅の北口広場の工事進捗状況
YBS会館(山梨文化会館)
甲府城山の手御門
甲州夢小路でレンタルサイク(電動自転車)を借り出し。此処からスタート
  (注)此処から3時間半です。徒歩では何度か廻っていますので今回は   写真撮影と大雑把な拝観のみです。丁寧に観光すればこの倍以上の時   間が必要です。

   尚、北山野道についての観光体験記(旅行記)を次回からシリーズ
   でブログに掲載したいと考えています。

ワイナリー(サドヤ醸造場)
山梨県一の背高マンション
清泉寺
妙遠寺
行徳院
宗信寺
八幡神社
華光密院
大泉寺
岩窪の武田信玄墓及び岩窪八房梅
河尻塚
県立青年の家
円光院
(躑躅ガ崎の館は時間がなく省略)
愛宕山子供の国
カイテラス
甲斐善光寺
東光寺
能成寺
八幡宮
長禅寺
東京ガス
藤川
舞鶴公園


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

地元で自慢できる祭り~~~信玄公祭り
From:秋水長天
鳥もつ隊頑張って
From:山と川と土と人と
昭和初期から戦後の甲府駅前
From:山梨 路線バスおたく的 旅日記 
甲府駅の水晶モニュメント
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
ダイニング六魯(ろくろ)
From:やまなしきっちん

コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

We've arerivd at the end of the line and I have what I need!
投稿者:Nutty: at 2012/03/21 19:04

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top