TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > 甲府市遊亀公園附属動物園

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲府市遊亀公園附属動物園

2010.07.01 18:20  投稿者:ootaminoru

日常生活で生きた動物を見る機会は少ない。

猫と犬は身近にいるけれどもウサギも馬も牛もドブネズミも最近見たことがない。
ヘビだってもう数年見ていない。スズメだって見る頻度が減って来た。
動物ではないけれども野生のメダカはここ20年以上前から見ていない。

甲府市の太田町にある遊亀公園附属動物園に行くと50種類の動物が見られるそうです。
機会を得て小学2年生から5年生の外国籍児童20人を大人3人が引率して行って来ました。
私の印象に残った動物は象、虎、ライオン、レッサーパンダ、フラミンゴ、ペンギン、馬、モルモットそれから亀です。インコはブラジルが原産です・

この動物園は大正8年に出来たもので日本で四番目に古いのだそうだ。上野動物園。京都動物園、大阪天王寺動物園、その次が甲府動物園です。


多文化共生だのG8からG20への拡大がもたらすもの、南アフリカワールドサッカーから4年後の南アメリカ、ブラジル大会がもたらす新興国の台等。世界的な中間層の拡大と増大。
人類の繁栄と共に地球規模の動植物との共存や生態系の環境保護。
動物園の動物から人間社会だけではなく多種多様な生物との共存を考える
原点になればと私は思う。生物の多様化は結局、人類の生存を保証する道
に繋がる。動物園から見えてくるもの:これは私だけのコメントですが、、、、。


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

暑いときにはアイス
From:山と川と土と人と
甲府市民文化祭
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
甲府市遊亀公園の桜
From:山と川と土と人と

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top