TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > エコツアー研修会(2)

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

エコツアー研修会(2)

2009.01.28 21:57  投稿者:ぶどうおばさん

「エコツアーガイドスキルアップ研修会」に参加しました。

今日は第2回目。場所は、東京エレクトロン韮崎文化ホール。

今回の講演は2つありました。
  ■ガイドの法的立場と責任
        弁護士の三浦氏
  ■魅力あるエコツアーの実施に向けた自然ガイドのためのテクニック
        旅行会社から寺崎氏


最初に講演された三浦弁護士のお話は、ともすると難解な法的な内容を、解り易く
説明してくださり、納得しながら楽しくお聞きしました。
印象に残ったことを以下に述べると、

 ガイドの法的責任は、民事責任と刑事責任がある。

 「ボランティアでお金を取っていないから、責任はとらない。」とは言えない。
 むしろ、お金をとって責任を果たすようにすることが良い。

 事故やクレームが来ないようにするためには
     •無理の無いコースを企画
     •事前説明はきちんと
     •天候により危険の度合いが増すので、安全を第一に判断
     •募集パンフレットにツアーの内容を明確に書いておく
      (ガイドはどんな事をするか。参加者には行き先に適した身支度を。
       取り消し料はいくら要るか料金体系を。どういう場合に中止か。等)
     •事故発生の際の連絡や対応をマニュアル化

などという内容だったように思います。
募集パンフレットに記載する内容は大切で、これが責任の所在を証明する資料にも
なるので、文で明確化しておくと、トラブルを防ぎ易い。ただし、明文化した内容は、
ガイドも守らなくてはならない、 というお話でした。

例を挙げてお話された中の1つとして
  ある参加希望者が”山歩き用に靴を履いて来るように”という周知があったにもか
  かわらずサンダル履きで来た。参加したいと言われ、ガイドも結局了解し参加を
  認めたが、その人はつま先をケガした。
  この場合の責任はガイドにも半分は有る。サンダル履きの人間は当日その場まで
  来ていたとしても断固参加を断るかパンフレットにその旨を明確に詠っておく必要
  がある。               ということでした。

講演を聞いた聴衆からの質問で示される具体例は、どれも身近にあり得そうな事柄で、
責任をどこまで負うか、ということを予め考え決めておく必要があるようで、なかなか
難しい問題だと感じました。




2つ目の講演では、いくつかのウォーキングツアーを例にとり、ガイドの方の工夫を
挙げておられました。何回も参加しているベテラン参加者にも満足してもらうためには
ガイドさんのワザが必要だとのこと。
 そのワザとは、  •自然の木の実を食べてもらう
          •動物クイズ。鳥の体重を尋ね鳥と同じ重さのぬいぐるみを持た
           せ体感してもらう
          •木をかじった歯形や、フンを観察して動物を推測する
          •地元の人から直に話を聞く
          •地元の文化や歴史や生活も話題にする
          •自然が素晴らしい場合は、ガイドはあまりしゃべらず自然に
           語ってもらう
          •これだけは印象に残って欲しいと思うことは伝えるようにする
ガイドに必要な力は、◉知識◉技術◉意識だというお話でした。
資源(自然)が持つ価値を損なわない、自然を損壊しない、そうして自然の価値が存分
に伝わるように、「がんばってください。」という言葉で締めくくられました。



私はツアーガイドではありませんが、こういうお話をお聞きし、見聞が広まった以上の
考えさせられる内容で、深いし想像以上に複雑だ!、と率直なところ感じました。
貴重なお話有難う御座いました。

         (1枚目の写真 研修会場)
         (2枚目の写真 韮崎文化ホール)
         (3枚目の写真 文化ホールの庭の、風のモニュメント。
                 上部の横棒は、風により向きを変え、動く立体に
                 作られています)
                 

   


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top