TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 日銀甲府支店 見学

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

日銀甲府支店 見学

2012.03.28 19:29  投稿者:ぶどうおばさん

日本銀行は、中央銀行と呼ばれる特別な銀行で東京の日本橋本店をはじめ全国に支店を持つ政府から独立した法人です。一般の人の預金等を扱わないので、私達の日常生活とは縁が薄いと思っていたのですが、見学会を開いていると新聞やHPで知り見学を申請しました。予め書類を提出し、当日は身分証の提示を経て見学会に参加出来ます。


見学会は1時間半ほどです。
「日本銀行の役割」のビデオを観て、広報担当の行員の説明をお聞きしながら広報ルームを見学したり公文庫の分厚い金属の扉をながめた後、甲府支店の窓口を見学し各課の仕事内容をお聞きするという盛りだくさんのスケジュールでした。


日本銀行の機能は、
 ・紙幣(お札)を発行する
 ・金融政策によってインフレやデフレを防ぎ物価の安定をはかる
 ・金融機関の決済や貸し借りの仕組み(金融システム)を安定させる

という事のようだと理解しました。


銀行の銀行である日本銀行の地方行としての甲府支店の役割は、県内の金融機関や企業に直接出向きヒアリングをしたりして情報を収集し県内の経済の動向を分析評価する、ことであるようです。


東日本大震災で泥をかぶったり燃えたりした紙幣や硬貨を洗浄し機械で判定して元と同価値で他の紙幣と交換するといった作業も日銀の業務の範疇として行われているそうで、そのパネル写真が展示されていました。1億円の紙幣と同じ10キログラムの模擬札束の重さを体験するコーナーや、お札に特殊な光を当てて色の変化を調べたりする体験もありました。日本の紙幣は偽造しにくい点が世界でもトップクラスだそうです。


興味深い見学会でした。ツアーには営利が伴うのでその一環として組み込まれる事は出来ないという事情があるそうなので、個人かグループで個々に申し込むという方法でしか見学できないようです。

    (写真は 日銀甲府支店) 
            2012年3月27日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top