TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 甘草屋敷のひな飾り

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甘草屋敷のひな飾り

2013.03.07 19:58  投稿者:ぶどうおばさん

甲州市えんざん桃源郷「ひな飾りと桃の花まつり」が行われています。
ひな飾りの展示会場は六ヶ所ほどありますが、何と言っても甘草屋敷のひな飾りが量も質も群を抜いているように思います。


お雛様が約千体、雛のつるし飾りが約二千体、江戸時代に栄えた豪農の屋敷の中で赤い毛氈や年代を感じさせるこげ茶色の梁や天井との対比の中で飾られている様は何とも見事です。


江戸時代の享保年間の内裏雛や文化年間の五楽人(五人囃子に類し、琴・笛・鼓・笙などを持っていると思われる)を始め明治~昭和に至る時代の段飾りや御殿飾りが保存状態よく飾られています。


関東と関西の段飾りでは仕丁(じちょう。三人上戸とも言われ宮廷の雑役をする人。右大臣左大臣の下の段にいる)の手に持つ道具が異なったり内裏雛の男雛の位置が異なったりする(関西では男雛は向かって右)ことを、ボランティアガイドの方からお聞きしました。近年は向かって右に女雛(これはイギリス王室の並び方を参照しているとの事)という飾り方が多いそうです。
雛の吊るし飾りは布製のもの・紙製のもの(紙製はこの地独特のもの)がにぎやかにカラフルに飾られています。本来吊るし雛は段飾りを買えない庶民が家にある端切れで作ったものなので、古い吊るし雛は黒や紺などの木綿や麻で出来ている地味なものだったそうです。今は思いつく限りの色でできているようです。


 ひな飾りと桃の花まつり 
       旧高野家住宅「甘草屋敷」会場
       2013年2月11日~4月18日


  (1枚目の写真 甘草屋敷のひな飾り
            段飾りと雛の吊るし飾り)
  (2枚目の写真 手前は五人楽人 最後列左は享保雛)
  (3枚目の写真 段飾りと御殿飾り)
           2013年3月7日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

甘草屋敷の雛祭り
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
甘草屋敷のひな飾り・続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
甘草屋敷
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
甘草屋敷の雛祭り・続篇 
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
甘草屋敷
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top