TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > のむら清六展

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

のむら清六展

2013.09.28 16:43  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県の旧下九一色村出身で甲州市に住んでおられた画家のむら清六氏の個展が9月15日~28日まで開かれました。のむら氏は1975年に第一回日仏現代美術展大賞を受賞され1995年に没された日本画家です。



異端の日本画家・奇才とも呼ばれたのむら清六氏の絵は、布に顔料を塗り重ねて油絵のような質感を持っています。ご本人はこの絵を「ゴテ絵」(ごてごて塗って描く絵)と自身の造語で呼んでおられたそうです。近年、自宅から約百点が新たに見つかり、そのうちの50点を今回展示しているそうで、50代・60代の円熟期の作品とのことです。


会場には奥様がおられて来場者を暖かく迎えて下さいました。
のむら氏についての想い出は
     ・とにかく描くことが好きで外出の際は常にスケッチブックを携えていた
     ・実物を見ながら描くことに重きを置き、対象の写真は撮らなかった
     ・水墨画から出発しているので黒にこだわって、後に色も加えて描くようになった
     ・描くこと以外は無欲な人だった              と伺いました。



強烈な個性と自己主張で迫って来るのむら氏の絵を拝見していると、熱心なファンがいるという話が納得出来ます。
県立美術館に一枚、竹橋の近代美術館に一枚、その他の県でも作品が収蔵されているそうですが、山梨出身の画家であるのむら清六氏の作品展がほとんど開催されてこなかったことは不思議でありもったいない気がしました。


  (1枚目の写真 のむら清六展 案内板
            山梨市駅から北へ徒歩5分
            会場はギャラリーパーシモン)
  (2枚目の写真 「のむら清六展」の記事
            山梨日日新聞2013年9月5日付)
  (3枚目の写真 山梨市駅から北に向かう通り
            ギャラリーパーシモンは左側建物2階)
                  2013年9月27日撮影       
      


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

デリーベイを救え!!
From:やまなしきっちん
街の駅やまなし
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top